太陽光発電には不可欠となる蓄電設備

太陽光発電は日照がなければ発電することができません。これが太陽光発電のいちばんの弱点となっているものですが、これも蓄電技術の発達によって、解消される方向になってきています。この日照のない時とは、晴天の日でも太陽の照らない時間帯となる夜間や、曇天や雨天といった晴天ではない日、また、豪雪地帯である地域では、冬季の雪が降り続く時期、といったようなものが挙げられます。しかし、蓄電技術の発達によって、大規模な電力の蓄積が可能となってくれば、日照のある時に使用分以上の発電を行っておいてそれを蓄え、日照のない時にはその蓄積してある電力を使用する、という運用方式によって、この太陽光発電の弱点を解消することができるわけです。

豪雪地帯の冬季のように、雪が降り続いて何ヶ月も日照のない時期が続くような地域では、あらかじめ日照の多い夏季に、冬季用に大規模な蓄電設備によって大量の電力を蓄積しておく、といったシステムによって、この問題の解決を図ることができるようになります。このように、太陽光発電の発電可能時期というものは、その地域の自然環境によって大きく異なってくるために、冬季の発電不能時期が長い地域には大規模な蓄電設備を設け、年間を通じて発電の可能な地域には、夜間や晴天ではない日の電力を賄える程度の蓄電設備を設ければよい、といったように、その地域の環境に合わせて、適切な蓄電システムを運用する必要があることになるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*