太陽光発電のさまざまなメーカー

日本は太陽光発電の先進国でもあり、複数のメーカーがその技術力を競っています。中でも太陽光発電の累計生産高において世界トップなのがシャープです。このメーカーは初期の頃からこの業界に参入している実績あるメーカーで日本だけでなく、世界中の過酷な条件下での太陽電池などの開発でも実績があります。モジュールの形状も豊富で屋根に合わせた設置をすることができ、パソコンややスマートフォンからいつでもシステムの状態をチェックすることができます。

また、京セラは1970年代には太陽電池の研究を始め、世界初の多結晶シリコンの太陽電池の量産を開発したパイオニアです。日本で初めて家庭用の太陽光発電システムを発売するなど、民間マイホームに最適な軽量化製品を作り続けているのが特徴です。三菱電機はモジュールを多結晶だけでなく単結晶でも取り扱っており、都市部の住宅でも効率よく発電量を確保できる工夫をおこなっています。屋根の形に合わせて配置できるように台形などのユニークな形状のモジュールがあり、テレビモニターで発電量を家族で確認できる工夫もされています。

パナソニック電工のモジュールの変換率は大変効率がよく、半導体の技術を活かしたクオリティの高い発電システムを開発しています。不純物が少ない物質で挟むなどの素材の工夫の他にも配線工事なしで設置できるエネルギーモニター等、新築だけでなく今住んでいるマイホームに太陽光システムを取り入れたいという方にも最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*