リノベーション物件はお得

マンションやアパートなどの賃貸物件を探す時には、リノベーション物件と言う言葉をよく耳にします。そのような物件の多くは、外観は古いままなのですが、内装は新しくなってして、とても築年数が深い物権には見えない物権ばかりです。建て替えではなく、リノベーションしてまで、物件を維持するばけあり、立地条件は良いですし、デザイナーズ物件と大差を感じないほど、お洒落な物件が多いのですが、建物本来の築年数が深いので、新築物件と比べると手頃な場合ばかりです。ただ、リノベーションされていて、見た目は新しいのですが、水周りなどでは、配管まで新しくなっていない場合もあり、そのような物権を借りた場合には、入居してしばらくしてから不具合が生じてしまう事もあります。

また、窓枠も前面入れ替えていない場合には、台風などが来た時に、はじめて不具合を発見する事もあるので、トラブルの原因が誰にあるのかが分からない場合があります。そのような時には、トラブルが悪化する前に、早めに不動産屋などの仲介業者に連絡と取り、相談する事が大切です。電話で説明し切れない場合には、実際に来て見てもらうなどして、判断をしてもらうと安心です。リノベーション物件でも、古いままの部分だと知らずに、一部が経年劣化してしまっている場合もあるので、自己判断せずに、仲介業者との相談が大切です。

パーツが古い物だと、修理に時間が必要な場合や、修復不可能な場合もあるので、注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*