日本語学校の役割について - 日本語学校と勉強すること

日本語学校と勉強すること

  • 日本語学校の役割について

    • 日本語学校はその名の通り日本語を母国語としない外国人に日本語を教える場所です。

      日本語学校のサイトが登場しました。

      日本語教師の有資格者が留学生などの日本語を教え、日本語の修得のアシストをします。近年、中国や韓国といった東南アジア地域から日本に留学してくる留学生は急増している状況です。
      東南アジア圏の教育水準が向上し、日本に留学できる高学歴の中国人、韓国人が増えてきたということです。



      日本の教育機関も少子化の流れのなか、留学生の受け入れが死活問題となっていますので、こういった状況は日本としても歓迎すべき事態でしょう。
      日本に来る留学生が増加する状況の中、日本語学校の役割も変化してきています。

      日本文化や習慣、風習などを留学生に教育することも日本語学校の役割になってきたのです。



      実際、歌舞伎や文楽といった伝統芸能に触れさせたり、茶道の体験をさせたりとさまざまな文化活動の場が留学生に提供されています。
      そういった日本の文化の担い手は日本人のお客を獲得することに成功しているとはいいにくい状況ですので、留学生が顧客となることで救われているという現実もあります。


      日本語学校の教育内容は日本を守ることにもつながっているのです。

      文部科学省や外務省を通じて、今後も多くの留学生が日本にやってくることが予想されます。

      留学生に対してさまざまなサービスを提供することが日本の新しいビジネスの一面ともなっているのです。


      注目して見守るべき状況であろうと考えられます。

top